屋根の総合施工 / 屋根材・屋根副資材の総合販売 / システム足場(組立・解体)リース / 瓦のリサイクル / 太陽光発電システム販売・施工 / 雨樋施工





 
屋根のリフォーム時期について   On the reform time on the roof 
粘土瓦は他の屋根材よりも耐久性が高いことは証明されています。だからといってメンテナンスフリーではありません。屋根は一年365日、雨風にさらされるため、定期的なメンテナンスをお勧めします。(定期的にすることにより、大きな工事金額にならない、家を長持ちさせることができるなどのメリットがあります)   Clay roof tiles have proved to be more durble than other roofing materials.However,it is not maitenance free.Since the roof is exposed to rain wind every day,we recommended periodic maintenance. 

 
   
雨水の浸入    Rainwater intrusion
雨水が何度も浸入を繰り返すと、棟部の中に入っている粘土が砂状になってしまいます。このような状態になった場合、簡単な補修工事をすることはできず、棟自体を解体する大掛かりな工事になってしまいます。そうなる前に点検することをお勧めします。(現在の棟部施工方法は、粘土を使用することなく、すべて南蛮漆喰を使用することにより、耐久年数が向上しています。寒冷地ではモルタルを使用している場合もあります)   When rainwater repeatedly infiltrates,the clay contained in the ridge becomes sandly.In such a situation,you can not do simple repair work,and it will be a huge work to dismantle the building itself.We recommened that you check before doing so.

 
   
瓦のズレ   Misalignment of roof tiles
粘土や漆喰、釘などが経年変化で崩れてしまい、かわらがズレてしまっています。   Clay,plaster,nails,ect. collapsed due to secular change,the tile has been displaced. 
 
   


 

瓦のカケ・割れ Chipping and cracking of tiles
写真(下)の瓦が大きくカケてしまっています。ここから雨水が浸入し雨漏りの原因となります。
屋根は勾配(傾斜角度がある)があり大変危険です。自分で直そうとせず、専門の屋根工事業者にお任せください。
  The tile of the photograph(lower)has become big chipped.Rainwater will soak from here and cause leaks.The roof has a gradient(there is a tilt angle)and it is very dangerous.Do not try to fix it yourself,keave it to a professional roofing constructor.

 
   
しっくいの剥れ    Rainwater intrusion
15年~20年ほど前のJ形(和風瓦の棟部)には粘土が使われていました。その粘土が乾いた後に漆喰を塗る工法が当時では一般的でした。(いわき市の場合)写真(下④)のまま放っておくと雨水が浸入し、最終的には粘土が砂状になり崩れてしまいます。    If you leave it in the photo(bottom4),rainwater intrudes,eventually clay becomes sandly and collapses.
 
   
塗装の剥れ   Peeling of plaster
塗装のはがれも雨漏りの原因になります。
また屋根上に苔(こけ)や草が生えていると
*毛細管現象により雨水を吸い上げてしまい、雨漏りの原因となります。 
  Painting peeling may cause leakage.Also,if moss or grass grows on the roof,it will suck up rainwater by capillary phenomenon and cause rain.

 
*毛細管現象 : 細い管状(毛細管)の内側が上昇する現象。例えば壁面の濡れやすさと兼ね合いで管内は水平ではなく、傾きをもっていることがあります。(ストローの中の液面を見れば、両端が壁面にそって高くなる)また、ガラス管では濡れ性の高い場合、毛細管の液面は上昇するが、ガラスによってはじかれえる。   Capillary phenomenon : phenomenon in which the inner side of a thin tubular(capillary)rises.For example,due to the wettability of the wall surface,the interior of the pipe is not horizontal and may have inclination.(If you look at the liquid level in the straw,both ends will rise along the wall.)Also,if the glass tube has high wettability,the liquid level of the capillary will rise,but depending on the glass it will fail.
 
 
 





瓦の歴史リフォーム時期瓦のリサイクル足場リース太陽光発電グッズ販売取組み会社概要最新ニュースロゴ提供ショールームリンク壁量について


株式会社マルエイ
〒971-8181 いわき市泉町本谷字作35番地
TEL:(0246)58-4565 FAX:(0246)58-5242